理解しやすく解説!リノベーションとは

query_builder 2024/03/08
画像1756
リノベーションを考えている方や、リノベーションの概念がよくわからない方向けに、リノベーションの基本的な知識からメリット・デメリット、費用や事例を含め分かりやすく解説します。皆さまの理解の一助となれば幸いです。
KANAUYA
ロゴ
高品質な建材を使用し、耐久性と美しさを備えた注文住宅を建てるお手伝いを行っておりますので、なんでもご相談ください。お客様の要望に合わせたオーダーメイドのデザインを太田市でご提案いたします。
KANAUYA
住所:

〒373-0034

群馬県太田市藤阿久町913-19 ニューシティ半田109号

電話番号:
0276-33-7007

リノベーションとは

まずは、リノベーションとは何か、その基本的な意味から始めてみましょう。

リノベーションの定義

リノベーションの定義について、以下のような考え方があります。

まず、リノベーションは「改装」「再生」「再生」という意味で、建築物や物件を新しい状態に復元することを指します。具体的には、古い建物や住宅を改修し、現代の生活スタイルやニーズに合わせて再生することを目指します。

リノベーションの対象は、一軒家やマンションなどの住宅だけでなく、オフィスビルや商業施設、工場なども含まれます。つまり、建物の用途や形態に関係なく、新たな価値を生み出すために行われる改修工事を指すのです。

リノベーションはその目的によって、様々な形態で実施されます。例えば、古い建物をそのまま保存しながら内部を改装し、新たな住環境を造り出す「居住用リノベーション」や、建物を解体して一から再建する「建て替えリノベーション」などがあります。

また、リノベーションの手法も多岐にわたります。一部の部屋や設備を改修する「パーシャルリノベーション」や、全体的な内装や外装の改修を行う「トータルリノベーション」など、目的や予算に応じて選択されることが一般的です。

さらに、リノベーションには持続可能性やエネルギー効率を考慮した「サステナブルリノベーション」や、歴史的な価値や文化的な要素を重視した「ヒストリカルリノベーション」などの特徴的なアプローチも存在します。

以上が、リノベーションの定義の一部です。リノベーションは建物の再生や再生だけでなく、新たな価値や可能性を創造する手段としても注目されています。

リノベーションとリフォームの違い

新島さま邸(下酒井さん) 046.jp

リノベーションとリフォームは似たような改修工事の概念ですが、微妙な違いが存在します。

まず、リノベーションは建物や物件を新たな状態に再生することを目指しています。対して、リフォームは既存の建物や物件を修繕や改善することが主な目的です。

具体的には、リノベーションでは古い建物や住宅を内部の構造や設備を改修し、現代の生活スタイルに合わせた新しい住環境を作り出します。一方、リフォームでは既存の建物や住宅の外装や内装を修繕し、機能や快適性を向上させることが主な目的です。

また、リノベーションはより大規模な改修を行う場合があります。例えば、建物の構造を変えることや間取りを大幅に変更することがあります。対して、リフォームは小規模な改修で済むことが多く、一部の部屋や設備のみを対象にすることが一般的です。

さらに、リノベーションとリフォームの費用や期間も異なります。リノベーションは建物の再生や再生を目指すため、比較的高額な費用や長期間を要するケースがあります。一方、リフォームは修繕や改善が主なため、費用や期間は比較的抑えられる場合が多いです。

最後に、リノベーションとリフォームは目的や範囲によって異なる選択肢となります。建物を現代的に再生したい場合や、大規模な改修を行いたい場合にはリノベーションが適しています。一方、一部の部分を修繕したり、機能の改善をしたい場合にはリフォームが適していると言えます。

以上が、リノベーションとリフォームの違いの一部です。リノベーションとリフォームは共通点もありますが、それぞれの特性を理解して適切な選択をすることが重要です。

リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションにはさまざまなメリットとデメリットがあります。具体的に見ていきましょう。

リノベーションのメリット

リノベーションにはさまざまなメリットがあります。以下に、主なメリットを紹介します。

まず、リノベーションの一つの大きなメリットは、古い建物や住宅を新しい状態に再生することができることです。リノベーションによって、建物の価値や魅力が向上し、新たな使い方やスタイルに合わせた快適な住環境を実現することができます。

また、リノベーションは自己満足だけでなく、将来的な資産価値の向上にもつながることがあります。古い建物や住宅を魅力的な空間にリニューアルすることで、将来的に販売や賃貸の際に高い評価を得ることができるでしょう。

さらに、リノベーションは環境にも配慮した取り組みとして注目されています。古い建物を再生することで、新たな建物を建てるよりも資源の節約や廃棄物の削減につながります。また、省エネ性能やエコフレンドリーな設備の導入を通じて、エネルギー効率の改善も図ることができます。

さらに、リノベーションは個性や自由度を追求することができる点も魅力です。自身の好みやライフスタイルに合わせて、間取りや設備のカスタマイズが可能です。つまり、自分たちの理想の住まいを実現することができるのです。

そして、リノベーションはコスト面でもメリットがあります。新築に比べてリノベーションは相対的に費用を抑えることができます。また、中古物件を利用する場合には、土地や建物の取得コストが低くなるため、総合的な費用を抑えることができます。

以上が、リノベーションの主なメリットです。リノベーションを通じて、快適な住環境の実現や環境保護、創造的なカスタマイズなど、様々なメリットを享受することができるでしょう。

リノベーションのデメリット

washit1.JP

リノベーションにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。以下に、主なデメリットを紹介します。

まず、リノベーションは一定の工事期間や作業が必要なため、生活の中断や不便さを伴うことがあります。工事中は騒音や振動、粉塵などが発生する場合もあり、快適さを損ねることがあります。また、一部の区域に立ち入り制限があることも考慮しなければなりません。

さらに、リノベーションは費用の面でも注意が必要です。一部の改修や修繕に比べて、大規模なリノベーションは高額な費用がかかる場合があります。特に、建物の構造や設備を大幅に変更するような場合は、予算との兼ね合いを考える必要があります。

また、リノベーションは予期せぬ問題やリスクに直面する可能性もあります。古い建物や住宅の場合、壁や床下の腐食や劣化などが見つかることがあります。これらの課題に対応するため、追加の工事や修復が必要になることもあります。

さらに、リノベーションを行う場合には、法律や規制に関する制約を考慮しなければなりません。建築基準法や建物管理法などの法的な要件や手続きを遵守しなければなりません。これには、許可や申請手続き、建物の確認などが含まれます。

最後に、リノベーションは専門知識や技術を要する場合があります。特に大規模な改修を行う場合には、建築士や施工業者などの専門家の協力が必要です。プロのアドバイスや指導を受けない場合、望まない結果やトラブルの原因になる可能性があります。

以上が、リノベーションの主なデメリットです。リノベーションを検討する際には、メリットだけでなくデメリットも十分に理解し、リスクや予算とのバランスを考えることが重要です。

リノベーションの費用について

リノベーションにかかる費用はどのくらいなのでしょうか。具体的な数値を交えて解説します。

リノベーション費用の相場

リノベーションには、様々な要素や工程によって費用が変動します。一般的なリノベーション費用の相場について、以下にご紹介します。

まず、リノベーション費用の相場は、改修の規模や内容によって大きく異なります。小規模な改修や部分的なリノベーションでは、数百万円程度から始まることが一般的です。一方、大規模な改修や全面的なリノベーションでは、数千万円以上の費用がかかる場合もあります。

また、内装や設備の改修にかかる費用も重要な要素です。床や壁の張り替え、キッチンやバスルームの交換など、リノベーションの中でも特に多くの費用がかかる部分です。これらの改修には、複数の業者の見積もりを比較することで、適切な費用を見積もることができます。

さらに、構造や設備の変更に伴う費用も重要な要素です。建物の間取りや構造を変更する場合には、壁や柱の移動や建物の補強などが必要になるため、追加の費用がかかることがあります。また、電気設備や配管の移動や交換なども費用を増加させる要因になります。

さらに、プロの設計士や施工業者の費用もリノベーション費用に含まれることがあります。設計や工事のプロフェッショナルのアドバイスや手配は、リノベーションの成功に不可欠です。これらの専門家の費用を予算に含めて、プロのサポートを受けることが大切です。

最後に、地域や物件の条件によってもリノベーション費用は変動します。都市部や人気エリアでは、土地や物件の価格が高くなる傾向があり、リノベーションにかかる費用もそれに合わせて上昇することがあります。

以上が、リノベーション費用の相場についての概要です。リノベーションを計画する際には、予算や希望する内容を考慮し、複数の見積もりを比較することが重要です。プロの助けを借りながら、コストパフォーマンスの高いリノベーションを実現しましょう。

費用を抑えるポイント

20190213_kanauya-21.jp

リノベーションにおいて、費用を抑えるポイントをいくつかご紹介します。

まず、リノベーションの計画段階での予算設定が重要です。具体的な希望や必要な工事内容を考慮しながら、予算の上限を設定しましょう。予算を明確にすることで、必要な改修や設備の選択において冷静な判断ができます。

また、業者選びも費用の抑制に重要な要素です。複数の業者から見積もりを取り、料金や品質、リファレンスなどを比較しましょう。信頼性のある業者を選ぶことで、費用のトラブルや不要な追加費用を防ぐことができます。

さらに、中古物件の活用を検討することで費用を抑えることができます。新築物件に比べて中古物件は価格が抑えられる傾向があります。また、中古物件の場合には、一部の改修やリノベーションで済むこともありますので、費用の節約につながります。

また、リノベーションにおいては、自身でDIY(自分で行う改修)を行うことも費用の抑制につながります。例えば、簡単な塗装や壁紙の貼り替え、照明器具の交換など、手軽にできる改修は自分で行うことで効率的にコストを削減することができます。

さらに、費用を抑えるためには、優先順位を設定することも重要です。必要な改修や設備は、優先度を考慮して段階的に実施することで、予算を分散させることができます。機能的に必要な改修に集中し、余裕がある場合には装飾などの細かい部分を後回しにすることも一つの方法です。

最後に、リノベーションにおいては、適材適所の工法や素材の選択も重要です。節約重視の場合には、コストパフォーマンスの高い素材や工法を選ぶことで、費用の最適化を図ることができます。

以上が、費用を抑えるためのポイントです。リノベーションを通じて希望の住まいを実現する際には、予算管理や計画、業者選び、工法や素材の選択など、様々な要素を考慮しながら、費用の抑制を図ることが大切です。

リノベーション事例紹介

実際のリノベーションの事例を用いて、可能性を探ってみましょう。

成功事例の紹介

成功したリノベーション事例を紹介します。

まず、古いマンションを木のぬくもりとモダンなデザインが融合した温かみのある住まいに変身させたケースがあります。内装の一部を解体し、床や壁材には無垢の木材を使い、自然の風合いを引き立てています。また、家具や照明も木目調のものを選ぶことで統一感を持たせ、居心地の良い空間を実現しています。

次に、工場をリノベーションしてカフェやギャラリーの複合施設に生まれ変わらせた事例が挙げられます。工場特有の開放的な空間や高い天井を活かし、効果的な照明やユニークなインテリアを取り入れることで、クリエイティブな雰囲気を演出しています。様々なイベントや展示会が行われ、人々が集まる場所として注目を集めています。

さらに、古民家をリノベーションして個性的な宿泊施設に変えた事例も魅力的です。伝統的な建築の特徴や風情を生かしながら、モダンな内装や設備を取り入れることで、新たな魅力を引き出しています。自然環境に恵まれた場所に立地し、古民家ならではの風味や温かみを感じながら、快適な宿泊体験を提供しています。

また、一軒家をリノベーションして家族が集まる共有スペースを作った事例もあります。キッチンとリビングをつなげたオープンな空間にし、家族のコミュニケーションを促進する工夫がされています。さらに、広い窓から自然光を取り込み、開放感のある空間に仕上げられています。家族が集まる場所として、より一層のつながりを生み出しています。

以上が成功したリノベーション事例の一部です。これらの事例は、古い建物や住宅を新たな魅力や用途に復活させた素晴らしい例です。リノベーションの可能性を広げる参考になるでしょう。

失敗事例の紹介

20180923_012.jp

失敗したリノベーション事例もあります。以下にいくつかの事例を紹介します。

まず、無理な予算や工期の設定による失敗事例があります。予算や工期を過大または過少に設定した場合、工事の進行や品質に影響を及ぼすことがあります。予算不足では工事の途中で手を抜ったり、必要な工程を省略することになります。逆に、予算が過剰な場合には必要のない改修や高額な素材を使ってしまい、コスト面でのムダが生じることがあります。

次に、専門家のアドバイスを無視することによる失敗事例もあります。リノベーションには専門知識や技術が必要ですが、素人目線からの判断やアイデアだけで進めると、建物の構造や法的な制約を無視した工事になる可能性があります。また、専門家の助言を受け入れずに自分だけのアイデアに固執することも、結果的に失敗につながることがあります。

さらに、リノベーションの途中での予期せぬ問題による失敗事例も挙げられます。古い建物や住宅を改修する場合、壁や床下の劣化や不具合が見つかったり、構造上の問題が発覚することがあります。これらの問題に早急に対応せずに工事を進めてしまうと、後々に大きなトラブルや追加費用が発生することがあります。

また、設計やデザインの過剰な追求による失敗事例もあります。リノベーションをする際には、自身の好みやトレンドを反映させたいと思うこともあるかもしれませんが、機能性や使い勝手を犠牲にしてしまうことがあります。デザイン重視で実用性を軽視することは、住まいの快適さや使い勝手に影響を及ぼす可能性があります。

以上が失敗したリノベーション事例の一部です。これらの事例からは、予算や工期の適切な設定や専門家の助言の受け入れ、予期せぬ問題への対応など、リノベーション計画において注意が必要なポイントが浮き彫りになります。慎重な計画と適切な実行が成功につながるでしょう。

リノベーションを進める工程

リノベーションを始めるにあたり、どんな工程が必要なのか詳しく解説します。

リノベーションを始めるためのステップ

リノベーションを始めるためには、以下のようなステップを踏むことが重要です。

まず、リノベーションの目的や希望する内容を明確にすることが第一歩です。自分がどのような住まいを実現したいのか、どんな改修や設備の変更が必要なのかを考えましょう。これによって、リノベーションのプランニングがスムーズに進むでしょう。

次に、予算を決めることが重要です。リノベーションには費用がかかりますので、自身の予算範囲を明確にしましょう。また、予算に応じてプライオリティを設定することも大切です。必要な改修や設備を絞り込み、予算内で最も重要な部分から実施することが有効です。

さらに、プロの協力を得ることもおすすめです。設計士やリノベーション会社など、専門家のアドバイスやサポートを受けることで、計画の策定や施工工程の管理がスムーズに行えます。また、専門家によるプロのアイデアや提案も有益な情報となるでしょう。

そして、工事の適切な計画を立てることが大切です。リノベーション工事は工程の適切な管理が求められます。工事が順調に進むように、事前にスケジュールを立て、必要な手続きや物資の手配を行いましょう。また、作業の進行状況を定期的に確認し、問題が発生した場合には早急な対応をすることも重要です。

最後に、リノベーションの結果を確認し、必要なアフターケアを行うことが必要です。リノベーションが完了したら、実際に住んでみて必要な微調整や修正があるかもしれません。また、施工後の定期的なメンテナンスや管理も行い、長く快適に住み続けるための環境づくりを心がけましょう。

以上が、リノベーションを始めるためのステップです。計画の明確化や予算設定、専門家の協力、適切な工事計画、結果の確認やアフターケアなど、段階を追って進めることで、よりスムーズなリノベーションが実現します。

リノベーションの流れ

20191020_015.jp

リノベーションの流れには、以下のようなステップがあります。

まず、リノベーションの計画を立てることから始めましょう。自分の希望や予算を考慮し、改修や設備の変更内容を具体的に決めます。また、設計士やリノベーション会社などの専門家との相談も行い、必要な手続きや予定を確認します。

次に、工事の見積もりや契約手続きを行います。業者からの見積もりを比較し、費用や工期、保証内容などを確認しましょう。契約書を作成し、必要な手続きや支払いを行います。

工事が始まると、建物の解体や改修工事が行われます。床や壁の取り外し、構造の改修などが行われる場合もあります。工事の進行状況を定期的に確認し、必要な指示や調整を行うことが重要です。

改修工事が完了したら、内装や設備の取り付けが行われます。床や壁材の施工、キッチンやバスルームの設置などが主な作業です。細部の調整や仕上げも行い、全体の完成度を高めます。

工事が完了したら、最終的な確認と引き渡し手続きを行います。建物や設備に問題がないかをチェックし、必要な修正や補修を行います。施主との最終確認を行い、引き渡し手続きを完了します。

リノベーションの流れは、計画、見積もりと契約、工事、仕上げ、引き渡しというステップで構成されています。それぞれの段階で工事内容の確認や管理を行い、計画通りにスムーズな進行を心がけましょう。

リノベーションを進める上での注意点

リノベーションには事前に知っておきたい重要なポイントがあります。そのポイントをご紹介します。

リノベーションに適した物件の選び方

リノベーションに適した物件を選ぶためのポイントをご紹介します。

まず、物件の条件を考慮しましょう。リノベーションを行う際には、建物の構造や設備、土地の条件などを確認する必要があります。建物の構造が改修に適しているか、設備の更新が必要ないか、土地の立地条件など、物件自体のポテンシャルを見極めることが大切です。

次に、予算や目的に応じた物件を選びましょう。予算の範囲内でリノベーションを行える物件を選ぶことが重要です。また、自身の目的やライフスタイルに合った物件を選ぶことで、希望する住まいを実現することができます。

さらに、将来の価値や周辺環境を考慮しましょう。物件の立地や周辺の施設、交通アクセスなどは、住環境や将来的な資産価値に影響を与えます。将来的な価値の見込みや利便性を考慮しながら物件を選ぶことが重要です。

また、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。不動産エージェントやリノベーションの専門家に相談することで、物件の評価や改修のポテンシャル、将来の見込みなどを正確に把握することができます。

最後に、自身の希望やライフスタイルに合った物件を見つけるために、多くの情報収集を行いましょう。不動産ポータルサイトや不動産会社のウェブサイト、リノベーションの事例やバイヤーズガイドなど、幅広い情報源を活用して自分に合った物件を見つけることが大切です。

以上が、リノベーションに適した物件を選ぶためのポイントです。物件の条件や予算、将来の価値や専門家のアドバイスを考慮しながら、自身の理想とする住まいを見つけることが重要です。

リノベーション工事を依頼する会社の選び方

20191020_019.jp

リノベーション工事を依頼する会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

まず、信頼性や実績を重視しましょう。リノベーション工事は大切な財産である住まいを改修するため、信頼できる会社に依頼することが重要です。実績や評判、過去の施工事例などを確認し、信頼性を判断しましょう。

次に、専門知識やスキルの有無を確認しましょう。リノベーションプロジェクトは専門的な知識や技術が求められます。設計士や施工管理者など、必要な専門スキルを保有しているかを確認しましょう。また、リノベーションの特性やトレンドに精通している会社を選ぶことも重要です。

さらに、コミュニケーション能力や提案力も重視しましょう。リノベーションはオーナーの希望やニーズを反映させるため、スムーズなコミュニケーションが不可欠です。会社が聞き取りを丁寧に行い、オリジナルな提案やアイデアを持っているかを確認しましょう。

また、契約内容や保証制度にも注意しましょう。リノベーション工事は長期間にわたるものであるため、契約内容や保証制度を明確に確認することが重要です。細かい契約条件や補修保証など、納得のいく条件で契約を結ぶようにしましょう。

最後に、複数の会社から見積もりを取り比較しましょう。見積もりの内容や金額を比較することで、適切な価格設定や工事内容を判断することができます。ただし、最も安い会社や見積もりだけを基準に選ぶのではなく、信頼性や品質を総合的に評価して選ぶことが重要です。

以上が、リノベーション工事を依頼する会社を選ぶ際のポイントです。信頼性や専門知識、コミュニケーション能力、契約内容、見積もりの比較など、慎重に判断し、自分にとって最適な会社を選びましょう。

リノベーションに必要な知識

さらに深くリノベーションを理解するための知識を挙げます。

リノベーションによる間取りの変更方法

リノベーションによる間取りの変更方法にはいくつかのアプローチがあります。

まず、壁や柱の移動による間取り変更が一般的です。既存の壁を撤去したり、新たな壁を建てたりすることで、部屋の配置や広さを変えることができます。これによって、より使いやすく効率的な間取りを実現することができます。

次に、ドアや窓、開口部の移動や追加による間取り変更も行われます。ドアや窓の位置や大きさを変えることで、部屋の入り口や採光の位置を最適化することができます。また、開口部の追加によって、より明るく開放的な空間を作り出すことも可能です。

さらに、間仕切りの導入や取り払いによる間取り変更も効果的です。仕切り壁やパーティションを導入することで、プライバシーを確保したり、異なる用途のスペースを作り出すことができます。逆に、不要な間仕切りを撤去することで、よりオープンな空間を実現することもできます。

また、吹き抜けの設置やロフトの活用など、立体的な間取りの変更も魅力的です。吹き抜けやロフトの導入によって、天井の高さや空間の利用効率を向上させることができます。特に天井の高さがある場合には、より開放的な空間を演出することができます。

以上が、リノベーションによる間取りの変更方法の一部です。リノベーションを通じて、より使いやすく快適な間取りを実現することができます。自身のライフスタイルやニーズに合わせて、最適な間取り変更を検討しましょう。

リノベーションで生まれる新たな暮らし方

20200223かなう家様-6.jp

リノベーションによって生まれる新たな暮らし方には、以下のような可能性があります。

まず、オープンな間取りによるコミュニケーションの促進です。壁や仕切りを取り払い、リビングやキッチンを一体化させることで、家族や友人とのコミュニケーションが活発になります。自然な会話や交流が生まれ、心地よい空間を共有することができます。

次に、快適なワークスペースの設置です。自宅での仕事や趣味に専念するためには、理想的なワークスペースが重要です。リノベーションによって、仕事や創造的な活動に集中できるスペースを創り出すことができます。たとえば、書斎やアトリエ、ホームオフィスの設置などが考えられます。

さらに、収納スペースの最適化も新たな暮らし方の一つです。リノベーションによって、無駄なスペースを有効活用する収納スペースを設けることができます。収納家具や壁面収納などを活用し、スッキリと整理された空間を実現しましょう。片付けのしやすい環境は、心地よい暮らしをサポートします。

また、リノベーションによって自然光の取り入れ方が変わります。大きな窓や開口部の設置によって、自然光をたっぷりと取り入れることができます。これにより、明るく開放的な空間を実現し、気分の良い生活環境を作り出すことができます。

以上が、リノベーションによって生まれる新たな暮らし方の一部です。リノベーションを通じて、コミュニケーションの促進や快適なワーキングスペースの確保、収納や自然光の活用など、より良い暮らしを実現しましょう。

まとめ

ここまで見てきたリノベーションの魅力と注意点を振り返ります。

リノベーションの全体像を把握

リノベーションの全体像を把握することは重要です。

リノベーションは、古い建物や住宅を新たな状態に再生し、快適な住環境を作り出す改修工事です。具体的な目的やニーズに合わせて、間取りや設備の変更が行われます。費用や工期の設定、専門家の協力や業者の選定、工事の進行や完成後のアフターケアなど、多くの要素が関わります。全体の流れを把握し、計画段階から工事の監督・管理までを適切に進めることで、理想的なリノベーションを実現できるでしょう。

次のステップへ

20190609-22.jp

リノベーションの全体像を把握したら、次に進むステップを考えましょう。

次のステップは、具体的な計画を立てることです。目的や希望に基づいて、改修や設備の内容を詳細に定めましょう。また、予算や工期、専門家の協力なども再確認しましょう。

次に、業者との契約を進めます。信頼できるリノベーション会社と契約を結び、工事の内容や条件を確定しましょう。契約書の作成や手続きを適切に行い、工事の進行に備えましょう。

工事が始まると、定期的に進捗状況を確認しながら工事の管理を行います。必要な指示や調整を行い、工事の品質やスケジュールの管理をしっかりと行いましょう。

そして、工事が完了したら最終確認を行い、引き渡し手続きを完了させます。工事の品質や仕上がりに問題がないかをチェックし、必要な修正や補修を行います。施主との最終確認を行い、リノベーションの完了を宣言します。

最後に、次のステップへ進む準備をしましょう。新しい暮らしに向けて、家具の配置や内装のコーディネートなどを考え、より快適な環境を整えていきましょう。また、定期的なメンテナンスやアフターケアも忘れずに行い、長く快適な暮らしを楽しみましょう。

以上が、次のステップへ進むためのポイントです。リノベーションの計画や工事を経て、新たな暮らしをスタートさせましょう。快適で心地よい住まいを築くために、一つずつ進んでいきましょう。

KANAUYA
ロゴ
高品質な建材を使用し、耐久性と美しさを備えた注文住宅を建てるお手伝いを行っておりますので、なんでもご相談ください。お客様の要望に合わせたオーダーメイドのデザインを太田市でご提案いたします。
KANAUYA

〒373-0034

群馬県太田市藤阿久町913-19 ニューシティ半田109号