Staff

スタッフ

お客様の夢を叶える充実した施工

お客様の理想の住まいを実現するために心から尽力しております。お客様の夢や要望に真摯に向き合い、具現化させるお手伝いを行っております。長年の経験と専門知識を持つプロフェッショナルが在籍しており、お客様にご満足いただける結果をお届けするよう努めております。また、お客様の個性を尊重し、ご要望に合ったオーダーメイドの施工プランをご提案しております。

窪田純一
窪田 純一
かなう家代表取締役 社長 / 絶好調会理事長
プロフィール

法政大学を卒業後、地元群馬県の食品会社に就職、営業として奔走していたところ、高校時代に打ち込んでいたバトミントンの先輩からの誘いで太田市のハウスビルダーに転職。住宅営業マンとしてのキャリアが始まる。


注文住宅の営業マンは年間6〜7棟の受注契約数が優秀とされているが、30〜36棟/年を1人で受注できる仕組みを当時の会社の代表等と構築。実績を上げ県内有数の住宅会社に成長する。


その時の重要キーワードが共感と感動、そして素直さと言葉であった。営業部のトップとして尽力し会社も飛躍的な成長を遂げるが、人生の次の目標を叶えるために退社。


起業をするために試行錯誤した後、株式会社かなう家を設立。


受注棟数はあえて追わずに、本当にお客さまが建てたい家を提供するサービスを追求。顧客満足度を100%以上にするために一棟ごと手間ひまをかけて対応することを経営方針としている。


家づくりとは、困難の連続をスタッフと一緒に乗り越えていく作業であり、常に前向きに考え行動し、仕事を通して喜び、そして成長することがモットー。


好きな言葉は「人生には、感動と感謝とチャンスしかない」

重松洋兵
重松 洋兵
マーケティングディレクター
ひとこと

1985年3月12日福岡県生まれ、群馬県育ち!桐生市に住んでいます。

20歳からスタートした注文住宅業界での経験(営業担当として300棟以上をお引き渡し)を活かし、お客様の家づくりを全力サポートしております。

また商品やサービスをもっと良くしていくプロジェクトリーダーとして、かなう家が地域に無くてはいけない会社、唯一無二の住宅会社になるように奮闘中。

思えばこの仕事を始めて駆け出しの頃(2006年)、はじめてのお客様がお引渡しの時に「重松さんに任せて良かった。本当にありがとう」と言っていただけた時に、私にとっての天職だと確信しました。

将来、叶えたい夢は、若い人たちが「かなう家で働きたい!お客様の夢を叶えたい!」と本気で思える環境を作り、熱い仲間たちと一緒に1000年以上続く会社にすることです。

好きな食べ物はワイン、日本酒、ビール!に合うおつまみ。

好きな言葉は「時勢に応じて自分を変革しろ!-坂本龍馬」 休日はゆったりのんびり猫とNetflixを観て過ごしてます。(子どもたちは大きいので相手をしてくれません。涙)

尊敬する人は坂本龍馬とかなう家代表の窪田純一!

窪田光希
窪田 光希
建築デザイナー
ひとこと

二級建築施工管理技士(補)/ハウジングスタイリスト2級


群馬県太田市生まれの太田市育ち

小学生の時は水泳、サッカー、フェンシングを習っていて、スポーツをするのが好き。

中学生からはバドミントンを始め、現在に至るまでバドミントンをしている。

高校生の時はバドミントンに熱中をして、将来の目標は考えていなかった。

そして、決まった目標もなく、地元の大学に進学する。 大学に通いながら父の働いている「かなう家」でアルバイトをする中で、家作りの楽しさや建築の面白さを知り、建築家への道を歩むことを決意する。

少しでも早く「かなう家」で仕事をしたいとの気持ちで、大学を退学させていただき、「かなう家」に入社。

目標はお客さまに楽しく、わくわくしながら家作りをして頂き、お客様にとって最高の我が家を作って頂くこと。

そのサポートを全力ですること。 そんな目標を叶えるべく、日々修行中。 好きな食べ物はラーメンとパスタ。

太田市周辺の名店を食べ歩いてはインスタグラムで投稿に励んでいる。

有川健太
有川 健太
施工マネージャー
ひとこと

二級建築士 / 宅地建物取引士


1998年8月14日生まれ・伊勢崎市出身

東日本大地震の映像がテレビで映され、家が流されたり潰れたりしている様子を見て衝撃を受け、建物に興味を持つようになる。

建築に携わる仕事を通して建物を造るだけでなく、そこに住む人の暮らしまで考えるようになり住宅の奥深さを学んでいます。

かなう家では仕事とプライベートの両立がしっかりできる自分なりのスタイルを確立しつつ、住宅設計と施工管理のどちらも高いレベルで実現できるように日々励んでいます。

近い未来、一級建築士の取得。

大型ショッピングモールや日本を代表する住宅を設計するのが夢です。

趣味はゴルフと漫画、好きな食べ物はラーメンと焼肉。

松島恵南
松島 恵南
設計コンシュルジュ
ひとこと

二級建築士・二級建築施工管理技士(第一次検定)・福祉住環境コーディネーター二級・リフォームスタイリスト三級・建築CAD検定三級


栃木県足利市出身。

小学生のころから住宅に興味があり、それぞれの個性がある住宅を見てきて将来のことを考えたときに、お客様の人生で一番大きな買い物のお手伝いをしたいと思い住宅業界で働きたいと思いました。

今、叶えたい夢はこの業界で多くのことを学び、仕事に慣れることです。

将来、叶えたい夢は学んできたことを会社で成し遂げること。尊敬する人は家族です。

好きな食べ物はきゅうりの漬物、好きな言葉は「勇往邁進」で小学生のころから好きな四字熟語です。

休日は音楽をかけながら絵を描いたりアニメ鑑賞をしています。

峯岸裕一
峯岸 裕一
施工マネージャー
ひとこと

一級建築士・宅地建物取引士


施工管理の責任者として、かなう家の品質保持と円滑な工事進行を担っている。

建築現場監督歴40年を超えてもなお、積極的に学びつづける姿勢は、若手スタッフの良いお手本である。

工業高校を卒業後、地元の工務店にて現場監督の見習いから建築業界のキャリアがスタート。

設計事務所等で経験を重ねた後、家業の手伝いで大工見習いとして数年過ごした。

高いところが苦手なこと、手先の不器用で自分には大工職が不向きと思い、幸いに一級建築士を取得したこともあり中堅建築会社に現場管理者として転職。その後も幾度か会社が変わったが、一貫して住宅施工に携わっている。

時代の進歩と共に住宅は洗練され、商品の精度向上と施工者技術の画一化が図られている現在。

しかし、お施主様を思い、満足度の高い施工をする事は昔も今も変わりはない。

昔の大工さんは、完成した家を引き渡すとき「娘を嫁に出すような思いだ」と云ったそうで、私もいつもそんな思いで仕事をさせていただいています。

アイボリー シンプル オープンハウスのチラシ A4(横) (4)
高橋 実希
リフォームコンシェルジュ
ひとこと

1997年10月28日生まれ、富山県砺波市生まれ、新潟県上越市育ち、太田市在住です!

介護の専門学校を卒業し、世田谷区で6年間介護の仕事に携わってまいりました。施設の内覧・入居案内や契約、プラン作成などの管理職をさせていただき一人一人に合わせた快適な住まいの提供をしておりました。

その介護の経験を活かし、一人一人に寄り添ったプランの提案や、リフォームやリノベーションのご提案をさせていただき、安心して長く住める快適なご自宅をご提供させていただけるように日々精進してまいります!


今、叶えたい夢は業務に慣れ、お客様に新築を建てたころのワクワクを思い出していただき、快適な暮らしを提供できるようになること。

好きな言葉は「一期一会」今まで出会ってきた方、これから出会う方、すべてのご縁に感謝です。

趣味は料理で実家暮らしのころから、料理をすることが好きでしたが長い一人暮らしで尚更好きになりました。食べたいものは何でも作ります!

休日は、映画を見たり、弾丸で旅行に行ったりして、名産の美味しいものを食べ歩いたり飲み歩いたりしています。プランのない旅行が一番面白いです!